The Lottery Winner  

by Mary H. Clark

単語ブログ Back

 
(1) The Body in the Closet
(2) Death on the Cape
(3) Plumbing for Willy
(4) A Clean Sweep
(5) The Lottery Winner
(6) Bye, Baby Bunting
 

始めに

2006年年明けからの読書会本については、メーリングリストを利用して、メンバー全員でまず候補本を10冊ほどあげ、その後また、voteを行って決めました。選ばれたのは、アメリカの女性人気作家メアリー・ヒギンズ・クラークの "The Lottery Winner"というミステリー6編の短編集。
ミステリーといっても、怖いシーンやおどろおどろしい部分はほとんどなく、お茶目でユーモアのあるヒロインと、民主党下院議長ティップ・オニールにそっくりという彼女の旦那さんが、身近な事件を解決していくシリーズ、宝くじで大金持ちになっても、庶民感覚を失わない主人公の活躍に共感できそうです。主人公カップルがけっこう高齢層なのもALPHAメンバーには歓迎(?)
内容的にはぴったり、でも実は「邦訳が出ていない!」ということで、ちょっとだけビビりましたが、短編集ということで、途中からの参加の方にも参加しやすいでしょうし、わからない所があっても、いつものように皆で考えたり調べたりして進んでいけばいいのではないか、ということになりました。メンバーの協力による単語ブログも、大きな助けになっています。
この本を読み終える頃には、きっと、メンバーの英語力も知らないうちにグンとアップしていることでしょう♪

なお、記録中の参考URLは記録当時のものですので、中にはリンク切れや期限切れとなっているページもあるかと思いますが、ご了解ください。

読み終わって

(メンバーより)

New York Grand Central 駅の本屋で、#1 New York Times Bestseller の文字に引かれ、Mary Higgins Clark のRemember Me を買ったのは、もう10年も前の事です。
その頃の私は英語なんてとんでもない状態…!
ただいつか読めるようになりたいと思い、買いました。
辞書を片手にトライしたのですが歯が立ちませんでした。
いま、Alphaに参加でき、皆様に教えて頂き、なんとかClark の作品を読破しました。
10年前の思いがようやく叶ったのです。

ありがとうで〜す。

   V(^-^)V